下半身ダイエット

下半身太りの原因は3つ!

下半身太りの原因は、単純に脂肪が付いているということだけではありません。
自分がどのタイプの下半身太りか把握しないと、効果的な方法に行き着かず、なかなか下半身痩せを実現出来ないことにもなりかねません。

なので、以下の記事を参照し、当てはまるタイプをはっきりさせ、有効な方法を試していきましょうね。

老廃物が溜まり、股関節変形も!「下半身の筋肉の衰え」

えっ筋肉を付ける方が脚が太くなるなど、下半身太りしちゃうんじゃないの!?と驚かれるかもしれませんが、実は脚の筋肉が衰えることは下半身太りを増進してしまうのです。

内もも全体にある大きな筋肉は内転筋といいますが、ここが衰えると、外側の筋肉が引っ張ってしまって股関節が歪んでしまうことがあります。この股関節の歪みは恐ろしいもので、O脚やがに股など、脚を美しくないかたちに変形させてしまうのです!

また、内転筋は、血液やリンパの流れを助ける器官でもあります。なので衰える毎にむくみとセルライトを増やしていきます。セルライトというのは、脂肪の周りにコラーゲン繊維や流しきれなかった老廃物が溜まって、硬く大きく、凸凹になってしまったものです。当然見た目がよくありませんし、普通の脂肪よりも落としづらいため、美容の大敵です! こんなセルライトが増えてしまったら大変です。しっかり脚を中心に、下半身の筋肉を鍛えていきましょう。管

水分不足で体の水はけが悪くなる「むくみ」

水分不足で、からだの水はけやいろんなものの流れが悪くなっている状態です。えっ水をたくさん飲む方がむくむんじゃないの?と思うかもしれませんが、内臓がしっかり動いている状態では、水の飲み過ぎでむくむことはほとんどないそうです。

逆に、水分不足が原因のむくみが多いのです。
何故なら、体の水分が不足していると、血液がドロドロになります。血管のうち静脈は、余分な水分や老廃物を押し流す働きもあるのですが、血液がドロドロだと老廃物がうまく排出出来なくなってしまうのです。

更にリンパ液には、血液が流しきれなかった老廃物を回収して排出する働きがあります。しかし水分が不足していると、いくらリンパマッサージをしてもこの排出がうまく出来なくなってしまうのです。血液の流れ=血行と、リンパの流れが悪くなると、むくみを解消することが出来ません。

しっかり水分を取って、老廃物が排出されやすい体を作りましょうね。

食べすぎで贅肉たっぷりの「脂肪太り」

たっぷりの脂肪が下半身に付いているタイプの下半身太りです。脚だけやおなかだけというよりは、全体的にぽっちゃり体型である場合が多いです。

脂肪太りの原因は、ズバリ食べすぎです。言い換えれば、摂取カロリーが多く、消費カロリーが少ない状態のことです。

そして脂肪太りの解消法は、ズバリ運動と食事制限です。

運動は、難しいものや、やたらとハードなものを無理してやる必要はありません。有酸素運動だったらひと駅手前で電車を降りて歩くウォーキングや、狙った部位をピンポイントに、時間をかけて鍛えてゆくストレッチなどをしてみましょう。どちらの運動も、特別な道具も場所も要らず、思い立ったら始めることが出来る、易しい運動です。

食事制限の方も、極端で苦しいダイエットをする必要はありません。
先ずは現在の食生活を、しっかりチェックしましょう。必ず余計なものをたくさん食べているはずです。闇雲にご飯を減らすのではなく、お菓子など食べなくてもいいものを取り除くことから始めましょう。それだけでもひと月で驚くような結果が得られることがあります。

油を排出して摂取カロリーを抑える「ゼニカル」というお薬

摂取カロリーを抑えるためには、便利で安全な薬も存在します。
ゼニカルは、肥満大国アメリカでは既に認可され、肥満治療に大いに処方されてきた薬で、安全です。