お腹ダイエット

ぽっこりお腹は平らに出来る!

ぽっこりお腹の原因はひとつではありませんが、何と言っても一番多いのは脂肪太りです。たっぷり食べて、消費エネルギー以上のカロリーを蓄えてしまうせいで、お腹周りに脂肪を蓄えてしまうのです。

部分痩せしたい部位ランキングで不動のナンバーワンであるお腹ですが、お腹「だけ」痩せることは不可能です。
と、聞くと、がっかりしてしまう人もいるかもしれません。
しかし、お腹「だけ」不自然に痩せるよりも、全身バランスよくほっそりしていくとしたら、うれしくありませんか?

お腹痩せは「お腹周りの筋肉を鍛えることで引き締める」「カロリーを抑えて全身の脂肪を減らしていく」ことで実現します。

次の項から、具体的な方法を説明していきます。

便利な薬も?カロリーセーブして脂肪を減らす方法

1日で使われるエネルギーよりも、食べるなどして体に取り入れたエネルギーの方が多いと太ります。
と、いうことは、摂取カロリーを抑えれば、わたしたちは太らないのです。

しかし、いきなりハードな食事制限をする必要はありません

先ずは食生活を見直して、必ず食べているはずの「余計なもの」に気付きましょう。イライラしたときについ食べてしまうお菓子などですね。これらを取り除くことから始めると、楽にスタートを切ることが出来ます。

次に、食べるものを決める時にちょっとだけ注意してみましょう。例えばチーズハンバーグと和風ハンバーグがあったら、和風の方を選ぶようなことです。ゲーム感覚で楽しく選んでみましょう。

それでもカロリー制限が辛い場合は、食べてしまった油を便と一緒に排出してしまう便利な薬もあります。アメリカなどではとっくに認可されていて、80万人以上の人の肥満治療に出された、安全な薬です。

筋肉を引き締めてカッコいいおなかに

お腹の筋肉を引き締めることは、お腹痩せにとっては重要なことです。

運動そのもので燃える脂肪の量は、よく知られているように微々たるものです。
しかし、筋肉を付けた部位というのは、かたち良く引き締まります。その上、筋肉を付けると、何もしない状態で消費されるエネルギー量=基礎代謝が増えて、結果的にゆるやかに全身の贅肉が減ってゆきます。

おなかによく効く筋トレは、スクワット、レッグレイズ、クランチなどで、筋トレのページでやり方の詳細を説明してあるので、どうぞご覧になって下さいね。

ぽっこりお腹の原因はいろいろ

ぽっこりお腹の原因は、筋肉不足と食べすぎだけではありません。

猫背

意識して猫背になってみると分かりますが、背中を丸めた状態になると、お腹にぐーっとお肉や内臓が集まります。内蔵を支えている筋肉は、この時、緩んでいる状態になります。
このような姿勢が続くと内蔵を支える筋肉が衰えていきますし、わざわざお肉をお腹に集まりやすくもしてしまいます。

お腹以前に、全身を見た時の印象も悪いし、猫背はいいことがひとつもありません。

長年の習慣になっていたとしても、頑張ってやめるようにしましょう。

お腹の冷え

冷たい飲み物ばかり飲んでいたり、エアコンで冷えすぎたり、ストレスや疲労を体に溜め込んでいたりすると、内臓が冷えてしまいます。
内臓が冷えると基礎代謝が低下するため、食べ物の消化が悪くなります。そして血行も悪くなるので、脂肪を溜め込みやすくなるのです。

なるべく暖かい飲み物を飲むなどして、体を冷やさない対策をしましょう。

生姜を積極的に取るのも役に立ちます。

腹部膨満感

お腹にガスが溜まってしまって、ぽっこりになっている場合があります。
原因は、早食いでよく噛まずに、食べ物と一緒に空気を沢山飲み込んでいることや、乳製品、アルコール、イースト、小麦製品、グルテンなどが好きで、たくさん食べたり飲んだりしてしまっているせいだったりします。

対策は、これらの食品の量を減らすことと、意識してよく噛んで食べることです。
また、炭酸飲料もガスが溜まりやすくなるので、控えるようにしましょう。

便秘がち

お腹に便のみならず、ガスや毒素も溜まっている状態です。こんな状態では腸内環境もどんどん悪くなっていき、おなかぽっこりのほかにも肌荒れなど不愉快な現象がたくさん起こります。

便秘解消には、先ず十分に水分と食物繊維を取ること。食物繊維だけ大量に取ると、余計に悪化しますのでご注意下さい。必ず水分と一緒に取って下さい。

また、ストレスと睡眠不足もてきめんに便秘になります。何かと忙しい毎日を過ごしていても、夜はゆっくりとリラックスして十分に寝ることをお勧め致します。

便秘に良く効く簡単なヨガポーズもありますので、どうか試してみて下さいね。

食事で摂った油と脂を排出!便秘も解消

肥満大国アメリカ、そしてヨーロッパでは、肥満外来が盛んで、どうしても食べることを抑えられない患者さんに食べた油脂分を吸収させずに体外へ排出させるお薬が処方されています。

ゼニカルというこの薬は、アメリカを始め様々な国でとっくに認知されていて、既に4000万人もの人々に使われてきた、効果と安全性の確かな本物のダイエット薬です。