ゼニカルの効果

「ダイエット中でも食べたい」の救世主!

ゼニカルは世界最大手の製薬会社のひとつ、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(以下ロシュ社)が製造販売するダイエット薬です。海外では広く認可され、BMI30以上の肥満症の人の治療に用いられています。日本では現状未認可で、保険は適用されません。医師が個人輸入をして処方している状況になります。

効き目は素晴らしく、ロシュ社のデータによると、ダイエット期間1~4年の間に、1日3カプセル毎食後の服用で、平均5.7Kgの減量に成功しました。おおよそ3ヶ月で効果を実感出来た人が多かったようです。

ダイエット中でも食べたい人の救世主とも言われているゼニカルは、どんな仕組みでカロリーカットを可能にしているのか見ていきましょう。

カロリー30%カット!食べた油脂分を体外に排出させるゼニカル

食事から摂取された油脂分は、そのままでは吸収されません。おなかの中で、酵素によって、まず細かく分解されます。そうして初めて吸収可能な状態になる訳です。

ゼニカルは、この時の酵素に働きかけて、「油脂分が細かく分解されるのを邪魔する」ように働きます。そのため、油脂分は体に吸収されることが出来ません。それで便と一緒に排出されてしまうという仕組みなのです。

ゼニカルは、摂取した油脂分を、最大30%カットすると言われています。これは120kcal前後のカロリーカットとなります。運動に換算するとウォーキング30分、食事に置き換えるとご飯半膳、8枚切トースト1枚分になります。

ゼニカルを効果的に使うには

ざっくり言うと「ゼニカルはおなかの中の油脂分に働きかけて、吸収させずに体外に排出させる薬」です。
なので食後1時間以内に服用しましょう。それより遅いと吸収される方が早く、折角ゼニカルを飲んでも無意味になってしまいます。

油脂分の少ない食事のあとや、食事を抜いた時も、飲む必要はありません。おなかの中に、摂取した油脂分が少ない時は、やはり飲んでも無意味になってしまいます。

それと、残念ながら糖分には効果がありません。そのため、ゼニカルはお肉や油っぽい食事が好きな人には大いに効果がありますが、ご飯や甘いものが大好きで、それらが太る原因になっている方には、効果がありません。