「痩せる薬」として市販されているダイエットサプリの効果

市販のダイエット薬やダイエットサプリは効果がマイルド

ゼニカルは本物の痩せる薬

結論から言うと、市販のダイエット薬やダイエットサプリの痩せ効果はマイルドです。

前提として、ドラッグストアなどで売られている全ての「市販薬」は、医師が処方する「処方箋薬」に比べて、効き目がずっと穏やか。

医師が出す「処方箋薬」は、ひとつの効き目に特化した薬で、効果は高いけれど、効きすぎてしまったり、別の薬や食品などと組み合わせた時に、望ましくない効果が出たりします。
つまり「よく効くけれど注意が必要な薬」ということで、日本国内では「医師が出すと判断しない限りはもらえない薬」となっています。

一方「市販薬」は、一つの薬にいろいろな有効成分が入った「総合的な薬」です。例えば風邪薬の場合だと、咳に効く成分だけでなく、鼻水や悪寒、発熱などの症状にも効く成分などが入っています。いろいろ入ってはいるけれど、薬を飲んだせいで副作用や合併症が起こったりしないような、安全な用量で作られています。つまり市販薬は、それぞれの有効成分の含有量がとても少ないということですね。

そしてユーザーは、自分で選んだ市販薬を飲むことが出来ます。
言い換えれば、医師でも薬剤師でもない一般の人が、自己判断で選んで飲んでも、それ程大きな影響がないという意味で「安全な薬」という訳です。

と、いうことは、医師が処方する「ゼニカル」などの本物の痩せる薬に比べて、市販されているダイエット薬やダイエットサプリは、効果が弱いと言わざるを得ません。

市販のダイエットサプリの多くは「食品」

「えっ薬じゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、市販のダイエットサプリのパッケージをよく見てみると、「食品」と明記されていることがあります。これは、例えば「油分の吸収を抑える効果がある」と言われている食品や、その効果のある特定の成分を、錠剤やカプセルなど薬にそっくりなかたちにして摂取しようという「食品」だったりします。

ややこしい言い方になりますが、ダイエットサプリなどが「食品」であるということは、「栄養を補うことで、人間の自己治癒力や免疫力を高めようとするもの」ということになります。

一方「医薬品」の方は、「病気の予防や治療を目的としたものであり、その名称や成分内容、効果効能や副作用、用法や用量、分量などについて、しっかりとその品質や有効性、安全性について調査が行われた結果、正式に厚生労働大臣や都道府県の知事から承認を受けたもの」です。

つまり「痩せる」などの効果をうたっている場合、「確かに痩せる」と化学的にエビデンスがあるのは「医薬品」の方とであるということです。

「ゼニカル」は肥満治療に医師が使う本物の痩せる薬

腸から油脂分を吸収するのを邪魔して、摂取カロリーを抑える働きがあります。食事からの摂取カロリーを、最大30%OFFが実現します。それでいて、副作用は下痢や油漏れなどで、健康を害するような深刻な副作用はほぼありません。そのため、ダイエットしたいのに油っこい食べ物が大好きな人たちに、大変人気があります

日本では未認可ですが、アメリカ合衆国を始めとする17ヶ国で認可されていて、たくさんの人々の肥満治療に使用されてきた実績があり、効果と安全性が証明されています。

ただし効果を発揮するのは「油脂分」に対してのみで、糖分を排出する効果はありません。油脂分よりも甘いものや炭水化物の取りすぎの方には効きませんので、その場合はゼニカル以外の方法でダイエットしてみて下さいね。