痩せる薬

本当に「痩せる薬」があった!

「痩せる薬」は本当に存在していました。それはオルリスタット(=オーリスタット)が主成分の「ゼニカル Xenical」などの薬です。これらは医師が肥満症の治療に処方する、れっきとした「痩せる薬」なのです。

「痩せる薬」人類は何度この言葉に騙されてきたことでしょう。うさん臭い広告は、現代でも雑誌や新聞に堂々と掲載されています。そのため、痩せる薬=嘘、という刷り込みが出来てしまい、そんなものがあったら苦労しないよと思っている方も多数と思われます。
しかしながら、ゼニカルは本物です。アメリカでの治験では、ゼニカルの1年間の使用者のうち、何と87%に減量効果が認められました。このうち60%の人が5%の減量に成功し、27%の人が10%の減量に成功したと報告されています。
ゼニカルは、アメリカの医薬品の審査と認可をする機関であるFDAが認可した薬です。厳しいことで有名なFDAのお墨付きダイエット薬であるということは、それだけ効果が確かかつ安全な薬であるということです。
このサイトでは、そんなゼニカルと、正しいダイエットの情報を提供してまいります。

痩せる薬「ゼニカル」

ゼニカルは腸内のリパーゼに働きかけ、食べたものに含まれる脂肪分のうち、最大で30%の吸収を阻害し、体外に排出させる働きがあります。開発と販売はスイスのホフマン・ロシュ社で、アメリカでは既に認可されれおり、現在世界で850万人以上の利用実績があります。
日本での認可はまだですが、ダイエット外来などでは、既に医師が個人輸入したものが処方されています。つまり、れっきとした肥満治療薬なのです。
更に高血圧、高脂血症、糖尿病にも効果が期待され、まさに「本物の痩せる薬」ということが出来ます。

食事で痩せる

ダイエットの鍵を握るのは、何と言っても食事です。ダイエットの成功率を左右するのは、食事:運動だったら9:1の割合で食事の内容に成功率が左右されます。「カロリーを取らなければ太らない」これが動かし難い真実です。

だからと言って、単純に食事を抜くなどして絶食することは、返って太りやすくなるのでお勧め出来ません。何故なのでしょうか。それは食事を抜くと、不足した糖分を、体は筋肉を分解することで作り出そうとするからです。結果筋肉が減ると基礎代謝が落ちて、太りやすくなってしまいます。

また、絶食後に慌てて食べると、急激に血糖値が上がります。するとインスリンが多く分泌されます。インスリンの分泌量が多ければ多い程、脂肪は体に蓄えられます。

太りにくい食事とは「血糖値を急激にあげない食事」ということになります。ダイエット界隈でよく聞く「GI値」とは、血糖値の上がりやすさを表す数値だったのです。つまり「低GI値」と呼ばれる食品が、ダイエットに適している食品ということになります。
しかし、いくら低GI値でも、カロリーの高いものをたくさん食べれば当然太ります。カロリーとGI値の両方を吟味した食材で、楽しくダイエットしたいものですね。

ダイエットのための食事は、バランスが大事です。良いバランスとは「タンパク質4:炭水化物3:脂質3」で成立します。タンパク質を多めに取ることは、筋肉を増やして基礎代謝をあげることに役立ちます。
料理が苦手でも大丈夫。ビックリする程簡単なレシピもありますし、スーパーやコンビニで買い物をする際、ほんの少し気を付けるだけでもよいのです。楽しみながら、体によい食事をしていきましょうね。

また、食事のカロリーを抑えるためには、ゼニカルなどの薬は本当に便利です。食事を調整しつつ、ゼニカルでダイエットを強力にバックアップする方法も解説致します。

運動で痩せる

「運動で消費出来るカロリーは案外小さいので、運動で痩せようとするのはムダ」という説が、ネット上ではまことしやかに語られたりもしていますが、これは事実の半分しか言い当てていません。運動で消費出来るカロリーは確かに非常に少なく、運動「だけ」で痩せることは非常に困難です。しかし、痩せたあと「二度と太らない体/太りにくい体を作るため」に、運動は非常に有効です。学生時代に体育が苦手だった貴方も、全く心配は要りません。ダイエットのための運動で、簡単に出来ることはたくさんあります。

ダイエットは運動とカロリー制限の両方を取り入れるのが理想的です。

何故カロリー制限「だけ」のダイエットがいけないのでしょう。それは目標体重に達した人が、そのままの食生活でその後の人生をずっと続けることは、ほとんどないからです。食べ始めたらまたもやジリジリと脂肪が蓄積されていき、あっという間に元の木阿弥に。しかも一度ダイエットという「飢餓状態」を体験した体は、同じ危機に備えて、次にエネルギーを取り込んだときになるべく放出しないで溜め込もうとします。次の飢餓に備えようとする訳ですね。つまり、1回目の絶食に比べて、2回目の絶食は、格段に痩せにくくなっています。このようにしてリバウンドを繰り返せば繰り返す程、どんどん痩せにくくなっていきます。しかも免疫力が落ちるなど、体は確実に弱っていきます。「太っていて病気がち」という最低の状態を、自ら作り出すような、絶食によるダイエットは絶対に止めましょうね。

運動をすると、カロリー制限で脂肪を落とした体を更に格好良く引き締めることが出来、その上、筋肉が付くことで、脂肪の燃えやすい代謝の良い体に変化していきます。

ダイエットによい運動は、筋トレ・ストレッチ&ヨガ・ウォーキングです。筋トレは筋肉を増やすことで基礎代謝をアップさせます。ストレッチ&ヨガは、しなやかな体を作りながら、鍛えたい箇所の筋肉をピンポイントで、じっくり時間をかけて鍛えていきます。そしてウォーキングは、誰にも効果的な有酸素運動です。ジョギングに比べて運動強度も弱く、例えば仕事帰りにひと駅余計に歩くなどして、気軽に生活に取り入れることが出来ます。

ダイエットは一度痩せればいい訳ではありません。痩せて健康になり、その状態をキープして初めてダイエット成功と言えます。二度と太らない、代謝の高い体作りのために、楽しみながら運動を毎日に取り入れてみて下さいね。

部分痩せダイエット法

結論から言うと、部分痩せというのは人間の体の特性から不可能です。人間の体は、どこか一部分だけの脂肪を減らすということは出来ません。

しかし、部分的に「引き締める」ことは可能です。希望箇所の筋肉を鍛えることで、その部分を引き締めることが出来るのです。脂肪を筋肉に置き換えるつもりで、頑張って筋トレしてみましょう。

脂肪は「全体的に少しずつ減らしていく」方法でしか、減らすことが出来ません。なのでカロリー制限をしながら、毎日少しずつ筋トレをして筋肉量を地道に増やし、基礎代謝をアップさせるよう心がけましょう。

脂肪を全身から減らしていくにはカロリー制限が近道ですが、ゼニカルはカロリー制限の強い味方になります。ゼニカルの効果を最大限に引き出す飲み方なども説明致しますね。

「痩せる」を真面目に科学する

数年毎にトンデモダイエットが流行しますが、痩せたい気持ちが強くてつい焦ってしまい、このようなものに安易に飛びつかないようにしましょうね。何故なら、りんごダイエットなどの単品ダイエットなど、どう考えても健康を害するような、まちがった、危険なダイエット法も、事の真偽をはっきりさせることもなく、無責任に流行になったりするからです。
痩せて美しくなりたかったのに、おかしな方法を試したせいで健康を害してしまっては、本末転倒です。

ダイエットの正しい方法はたった2つしかありません。つまり「摂取カロリーを抑える」「筋肉量を増やす」これだけなのです。それにしたって、たとえば無闇に絶食してカロリー制限をするような危険な方法が存在したりもするのです。

おかしなダイエットに飛びつかないためには、ダイエットを真面目に勉強して化学的に考える必要があります。正しい知識が、何よりダイエットを成功に導くのです。

カロリーの摂取を抑えるためには、医師も使用している本物のダイエット補助薬も大いに役立ちます。安心出来るサイトから、通販で買うことも出来るので、是非ダイエットの強い味方として使ってみて下さいね。